トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬式・葬祭口コミナビ葬儀の基本 > 葬儀のマナー

葬儀のマナー

葬儀のマナーの画像

葬儀には、知っておかなければならないマナーがあります。
訃報の連絡を受けたら親しい方やご近所の場合には、お悔やみの気持ちを伝える為にも直接自宅へ弔問に出向きましょう。
この時点では、香典も喪服も必要ありません。
まずは、お悔やみの気持ちのみを伝えると良いでしょう。

長居はせずに、早めに帰宅するようにすることが大切です。
お手伝いの必要があるかどうかも、この時に確認しておきましょう。
葬儀や告別式の際の服装ですが、男性の場合はブラックスーツに黒ネクタイ・女性の場合は黒のフォーマルウェアが一般的となります。

通夜や葬儀の際には、必ず焼香を行うことになります。
焼香のマナーは、必ず覚えておくようにしましょう。
焼香には座って行う座礼と、立って行う立礼とがあります。
他にも場所の関係などで、自分の席に着いたまま行う「回し焼香」といった場合もあります。

宗派によって焼香の回数も異なりますが参列者が多数の場合には、「焼香は一度でお願いします」ということもあるようです。
焼香に関しては、前の方のやり方を見てまねをするというのが一番無難な方法ではないでしょうか。
香典袋にもマナーがあるので、覚えておくようにしましょう。

香典袋には、「御霊前」と書いておくと宗派に関係なく使えます。
結婚式とは逆で、必ず古いお札を包むようにしましょう。
香典の金額としては両親・兄弟・姉妹の場合には5万円から10万円程度、祖父母や親戚では1万円から2万円、友人・知人・仕事関係では5千円から1万円程度となります。
葬儀のマナーにもいろいろと細かなマナーがありますが、大切なのはマナーをきちんと守ることよりも故人を思う気持ちではないでしょうか。

小さなお葬式
葬儀・葬式・葬祭口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。