トップ 当サイトについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

葬儀・葬式・葬祭口コミナビ葬儀の基本知識 > キリスト教式の葬儀

キリスト教式の葬儀

キリスト教式の葬儀の画像

キリスト教の葬儀は、一般的には教会で行われます。
もともとキリスト教には、通夜はありません。
ですが日本で行われるキリスト教の葬儀では、日本古来からの習慣に合わせて仏式の通夜にあたる儀式を行います。

キリスト教での葬儀は、死者への供養の為のものではありません。
なぜならば、死は全ての終わりではなく神に召される入り口であると考えるからです。
葬儀は、神に対する礼拝であると考えられています。

キリスト教葬儀の目的とは、故人への愛と敬意を表すと共に遺族に対する慰めと励ましでもあります。
キリスト教の葬儀では、多くの場合最後に献花を行ないます。
ですが、これは仏式の焼香や神式の玉串奉奠とは異なります。

祭壇を飾ることによって生前のことを感謝する心を持って参列するという意味があります。
死者への供養という意味ではありません。
キリスト教では、故人を礼拝の対象とは考えていません。

ですから、遺影写真や遺体に手を合わせたり拝んだりといったようなことはしません。
他にもキリスト教の葬儀では、聖歌の合唱や聖書の朗読なども行われます。
式の終了後には、軽食や茶菓子を用意することが一般的となっています。

これは、通夜とはまた異なるものです。
キリスト教の葬儀では、参列者が困ることのないように式次第や賛美歌などが印刷されて配られます。
このようにキリスト教式の葬儀は、仏式や神式とは全く異なります。
そもそも死者に対する考えそのものが、異なっているので葬儀も異なると言う訳です。

小さなお葬式
葬儀・葬式・葬祭口コミナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。